FC2ブログ

絵画や立体作品制作など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リトアニア旅行 5 (カウナス・ナイトツアー)

kau


ラウリナスさん主催のカウナス・ナイトツアーは、
まず、カウナスの旧市街にあるカウナス城へ。
このお城はかなり古い。そして小さい。
丁度ネムナス川とニャリス川が合流するその場所に立っている。
満月の下、城は真っ暗。川面がキラキラと光り、背には町の灯がある。

「いいところを知っているんだ!次はそこへ行こう!」
特別な場所に案内してくれる。
ラウリナスさんは、いつも息抜きしたくなるときにはそこへ一人で行くのだという。

night02.gif


そこは、カウナスの街が一望できる丘の上だ。比較的裕福な人達の住む一角だった。
桜の花が丁度満開で、星の色に白く光っている。
「わぁ、いいね!こんな場所知らなかった!」と旅行者でないAちゃんと、リトアニアンガール。
Aちゃんがラウリナスさんに向かって茶目っ気たっぷりに、
「こんないい場所には、彼女を連れてこないとね?」と笑うと
ラウリナスさんは肩をすぼめて「たまに一人で来るのがいいんだよ」と言った。
(でも教えちゃうんだ)
おかげで、カウナスの美しさを満喫した。
ラウリナスさんは、こうしたお気に入りの場所をたくさん知っているらしい。
建築家業の合間に、一人でまったりしたくなったとき、景色を眺めにくるのだそうだ。

そのときは、ラウリナスさんはかわった人だなぁ~!などと笑った(←失礼)が、
変哲のない日常の中にこういう場所を知る歓びを持つ、その感性はいいなと感じていた。
美しいと思えるものを、私達は人生においてどれだけ持てるのか。
多ければ多いほどすばらしいだろう。
身近なものこそ美しいと感じられるその感性はきっと、その人の中に愛情を育んでくれる。
思いやりだって生まれる。
そうした愛情を一つ一つ確かめながら歩むことが、人生にとって大変貴重な宝物になるだろう。

これはとても当たり前だけど、
仕事の責任や作品制作の焦りから、
心から いいっ! とか 美しいっ! と思うことを忘れてしまいがちな自分にとって
心に残るエピソードだった。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/28(水) 18:01:52|
  2. その他(旅の記録等)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リトアニア旅行 6 (十字架の岡と、ラウリナスさんのとっておきの場所) | ホーム | リトアニア旅行 4 (カウナスに到着!)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bonner.blog119.fc2.com/tb.php/11-3c666efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Yuko Terada

Author:Yuko Terada
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。